「茨木市市民活動センター」運営について

(1)施設の管理運営についての基本的な考え方

  「いばらき市民活動推進ネット」構成団体の持つ市民活動のノウハウを活用し、これから活動をはじめる市民に対する市民活動推進機関として活動し、また既に活動している市民活動団体と、行政・企業・地域社会をつなげる潤滑油としての中間支援組織として活動することにより公益に寄与することを基本的な考え方とする。

  また、市民の知識経験を活用した管理運営とし、民主的運営・情報公開・公益性・法令順守などを担保して、行政施設である茨木市市民活動センターの指定管理者としてふさわしい体制を確保し、茨木市の市民活動の拠点としての管理運営とする。また、より広がりと継続性をもつ体制とするために特定非営利活動法人格の取得を目指すことを基本的な考え方とする。

(指定管理者指定申請書より)

(2)具体的な達成目標

  本事業計画書で提案している事業実施計画を実施することにより、市民活動の輪を広げることを目標とし、市民が主体的に公益活動に関わる市民活動の裾野を広げ、市民と行政がともに作り上げる市民意識に根ざした「新しい時代の公益活動」を実現する。

  また、団塊の世代など、これから地域社会で活動をはじめる市民が、市民活動を始めるきっかけをつくり、その結果、地域で活発に活動する市民団体が誕生し、少子高齢社会を迎える地域社会の課題の解決へとつなげる。

  そして、まち全体で、「おたがいさま」の気持ちを持った助け合いの市民の輪をつくり、市民公益活動への参加が市民の生きがいとなる「市民活動が躍動するまちづくり」の実現を達成目標とする。

(指定管理者指定申請書より)

HOME